忍者ブログ
FX自動売買EAで稼ぐための全て。 裁量トレードに見切りを付け、稼げる自動売買EA を追求しています。


 [PR]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


FXに限らず、投資は90%が負け組と言われています。

時には、95%とも言われています。

私が投資に興味を持ち始めた時から、

幾度と無く目にしたので、あまり疑問を抱きませんでしたが、

今日、ネット上で気になる記事を発見しました。

『9割が敗者の裏付けは?』

確かに、盲目的に信じていましたが裏付けとなるデータを

目にした事は有りませんでした。

そこで、口座数と預かり残高から推測されている記事を発見 こちら


口座数は右肩上がりの状態で増加している。

勝敗を「口座数の伸び量=投入された資金量」と仮定。

直近10年間、平均年間50~60%の伸び率で資金が投入されている。

しかし、預かり金額の変動を運用後の残高と見ると、

2008年以降ほぼ横ばいで、殆ど残高は増えていません。

つまり、2008年以降の平均運用成績は、-50~60%であることが推定

されます。

引用:参考記事 教えて!goo


口座が増え、資金が流入しているが残高は増えない。

恐ろしい投資の現実ですね。


私の考えですが、投資(FX)で勝つためには、

まず自分なりのルール・ロジックを持つこと。

ここまでは、誰でもできると思います。


大切なのは、それを守ること。

これが、なかなか出来ないんです。

私がFXに関して自動売買に特化したのはこれです。

ルール・ロジックを守れない。


ある日・・・

会社の仕事を早目に切り上げ、チャートを起動するとダラダラとした揉み合い状態。

今日はダメとスッパリと諦めたら良いものを、『ポジションを取らなきゃ損』とばかりに

ルールを拡大解釈してエントリー。

当然のごとく含み損、翌朝の起床時間が気になりだし

を損切りせず放置して就寝。そして翌朝

当然のごとく含み損は拡大、今さら損切り出来ず、さらに含み損拡大。

ヤケになって損切りした直後に、栗田艦隊まさかの反転!


おまえ、オレの口座を覗いてんのか!と感じた方いるのでは?


別に煽る気はありませんが、自動売買は勝てます。

管理する環境さえ作れればですが。


『本当に勝てるソフトなら、チンケな値段で他人に売るもんか』

良く目にする言葉ですが、

実際に、裁量でボコボコに負けた私が、自動売買に特化して

月間トータルの負けは記録していません。


自己ルールの裁量トレードで勝てるのなら、それがベストです。

しかし、勝てないのなら、コチラ側の選択肢も有りと思います。

私は『何が何でも勝ちたい』と・・・

『ど~しても負ける訳にはいかない』と強く考えていました。

FXは90%負け組と、最初から分かっていての挑戦です。

FXで勝てない方へ、何かのお役に立てれば幸いです。




【お願い】

右プラグインに設置しています『クリック募金』

是非とも御協力お願いします。  hiro





FXブログポータルサイト 「FXの庭」ブログランキング 

にほんブログ村 為替ブログ FX システムトレード派へ
にほんブログ村 
 
PR

【サイト移転のお知らせ】 いつも当ブログを応援ありがとうございます。諸事情に依りブログ移転しました。

【移転先】 FX hiro【FX自動売買EA徹底比較】EAポートフェリオで相場と戦え!

FXに関する有益な情報をお届けします。今後共よろしくお願いします。 FXhiro

       
                 
FOREX COCKPIT   NKY-FX-SYSTEM   AQUA   FX System-MLI   SCORPION

MAIL  FORM ■ ■■ TWITTER ■ ■■ CALENDAR
メールフォーム
Powered by NINJA TOOLS
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

 管理人あいさつ 
Forex 【MetaTrader4】EA by HUAU 管理人FX hiroです。FX暦6年
裁量トレードで散々負け続けマイナス総額は●百万に・・
FX商材に活路を求め、数多の商材を購入するが脳内FX革命は起こせず、
起死回生、FX自動売買に参入。
豊富な負け経験で培った知識をFX自動売買に生かすべくEAをレビュー
して優良EAを紹介します。
猫好き30代、半専業トレーダー
忍者アナライズ

ブログ内検索

忍者ブログ [PR]